本文へスキップ

株式会社中外旅行社は朝鮮ツアーの日本総代理店です。

TEL. 03-3842-6380

〒110-0005 東京都台東区上野7−2−6

素敵な旅で人、民族、文化、歴史との出会いを

朝鮮観光

ホテル案内

平壌高麗ホテル(ピョンヤンコリョホテル)


 平壌駅の近くに位置する高さ140m、45階建てのツインタワーホテル。客室は500室でスイートルームもあります。
ホテル内には宴会場、映画館、ショップ、サウナ、プール、レストランがととのっていて最上階には平壌の全景を眺望できる回転式レストランが設けられ、夜景を楽しむことができます。


羊角島国際ホテル(ヤンガットクッチェホテル)


 羊の角のような形をしている羊角島に建てられた48階建ての国際ホテル。
海外からの旅行客が利用するホテルとしてはもっとも新しく、客室は1001室あり、47階にある回転レストランをはじめ4つのレストラン、各種ショップやヘルスセンター、プール、ボーリング、カジノ等の施設がそろっています。



<羊角島国際ホテルのコマーシャル映像>
連日多くの観光客が利用する羊角島ホテル案内動画です。人気の秘密がよくわかる内容となっています。


蒼光山ホテル


 平壌市の中心部。普通江の近くに位置します。

客室420室の17階建て。

娯楽室、喫茶室など、サービス施設が揃っています。

ヘルスセンター蒼光山が、同ホテルに隣接しています。


両江ホテル


 両江ホテルは、青春通りを見下ろし都心の中心部も遠望できる丘の上にあります。

延べ床面積は、3万3000平方mで、6棟の建物からなります。

客室は317室です。


ペゲボン(枕峰)ホテル


 三池淵から2Km離れた枕峰麓に位置しております。 三池淵の秀麗な湖畔と高山地帯の風致に調和した近代的なホテルです。
イワナ焼き、ジャガイモ焼き、澱粉ソバなど、料理が美味しく人気があります。 3階建て客室47室。


馬息嶺ホテル(マシンリョンホテル)


 地下2階から地上9階までの1号棟、5階建ての2号棟が2階の連絡通路でつながり、部屋数は合計約100室。
1号棟には、ラウンジ、プール、ジム、ダンスホール、カフェレストラン、子ども用プレイルーム、国際通信室、などがあり、3階から8階までが客室で、最上階にも喫茶店があります。
2号棟は2階にスキーウェアやリフト券の売り場、スキー用具の貸出ホール、本屋、救急室などがあります。


金剛山ホテル(クムガンサンホテル)


 金剛山の麓、水晶峰と観音峰に挟まれた温井里の畔に位置する高級ホテル。
建物は周囲の景観にマッチするよう設計されて、12階建てのホテル内にはレストランの他、プールも設けられています。客室は240室、徒歩数分で温井里温泉が楽しめます。近くの高城港で捕れる魚介類や毛ガニ、秋の松茸と地酒の金剛酒は観光客にとても人気です。


香山ホテル(ヒャンサンホテル)


 清川江のほとり、妙香山の麓に位置する香山ホテルはピラミッド風の独特な建築様式を誇るホテルで客室は228室、娯楽施設もあり、15階には回転式展望レストランで飲食も楽しめます。
同ホテルでは妙香山の山菜や清川江の岩魚や山女、マスなどの料理を堪能できます。


清川ホテル


 香山駅から車で5分、優雅な民俗建築様式を誇ります。

各種の民俗料理のほか、マツタケ、せり、わらびなどの山菜料理が人気です。


外七宝ホテル


 外七宝の中心部にある外七宝ホテルは、5つの閣からなり、サービス施設と宿泊施設が完備しております。

レストランの海産物、特にナマコ料理は定評があります。

客室は25室です。


開城民俗旅館(ケソンミンソッリョグアン)


 開城市内にある朝鮮の伝統的民俗旅館です。
李朝時代の民家を改築して1989年に開業しました。
50室の宿泊施設と各種サービスを民俗風にアレンジし、参鶏湯をはじめ伝統的な開城特産料理で観光客をもてなしてくれます。


子男山ホテル


 子男山という名は、開城のシンボル松嶽山の息子という意味です。
その松嶽山を背後にした子男山の頂上からは市内の景色が見渡せます。
子男山ホテル入り口前方の小川には、世界遺産の候補、高麗史で有名な歴史遺跡である善竹橋があります。
その橋は、高麗王朝の名高い学者にして政治家でもあった鄭夢周が李成桂一派によって暗殺された石橋であります。